ワカサギ外し器など便利小物

1/11
昨年どこかのブログで、変なトンガリ付きバケツをワカサギ入れにしてる写真を見かけました。
気になったので色々調べてみたら「ワカサギ外し器」と言う代物らしい。
どうやって使うのかまでは書かれてなかったけど、片手外しをしてると思い当たる不便な場面の補助になるのでは?思い、見よう見まねで作ってみました。

やっけ仕事で作ったので、細部は雑です^^;

あっ!今日の日記は長いので、忙しく時間のない方やワカサギに興味のない方、私と一緒に釣りに行く機会が多い方は読まないでください。

 
この「ワカサギ外し器」nao的使い方ってことを前提に説明しますが、その前にワカサギの片手外しが出来る又は理解してるとより分かりやすいので、としけん隊長のワカサギ片手外しの説明を熟読してください。

としけんさんのブログから無断でパクッてきた画像ですが、私はこのの片手外しを多用してます。

片手外しをしてる人は、もう分かったでしょう。
の指の腹で押しながらタッパのフチに引っかけて外す変わりに、突起物の隙間を利用することで指の腹とタッパのフチを同時に演出できるのがこのワカサギ外し器なのです!

百聞は一見にしかず。
この画像を見てください。

このように、ワカサギが掛ってる枝針のラインをキャップの隙間に通し、ちょいと引っ張るだけで外れてくれます。

注意する点は、ラインを持って引いても外れますが、外れた反動で餌も取れやすくサシが顔に飛んでくることがある。
痛くも痒くもありませんが、あまり気持ちの良いものではありません(笑)

防止策としては、片手外しと同じ要領でハリのチモト付近を持ちながら引っ張ると、サシは比較的取れにくくなります。

また、掛かり位置を見極めずに無理に引っ張るとハリが折れたり、仕掛けが切れたり、パーマみたいになったりするので、上顎に掛ってることを確かめてから引いて下さい。

私は小型〜良型のワカサギに対応できるよう、突起物の間隔を狭い間と広い間に設定しましたが、間隔が広い場所に小型のワカサギを入れると

このように絞首刑になっちゃいます(笑)
釣れるサイズのワカサギを考慮した間隔にすることも大切ですね。

ちなみに、私が使った感じでは通常の片手外しと同等か、それよりほんの少しだけ(1.1倍ほど)手返しが早くなったような気がします。
外し器に頼り過ぎると、変な掛かり方をしたときにもたつきますが、ツボにはまると手返しが早くなりますよ〜


では、このワカサギ外し器の作り方です。
100円ショップで「鉛筆のキャップ」と、コンクリートにネジを打つときの受け「コンクリートアンカー」を購入。

どこにでもありそうですが、この2つを探すのに3か所の100円ショップを回りました^^;

まず最初にすることは、

キャップにのサイズに合うコンクリートアンカーを、キャップに差し込む。
キャップには切れ込みが入ってるし、アンカーもプラスチックなので力任せに押し込むと入ります。

次は、ワカサギ容器にするタッパーにドリルで適当に穴を開け、アンカーのサイズに合った適当なネジを打ち込む。

実際に穴は開けてませんが、こんな感じになるってことです。分かりますよね?
これで完成です!

本当はワッシャーも入れたいのですが、ちょうど良い大きさのがなかったので今回は無しにしました。
でも、コンクリートアンカーにはワッシャーなんて普通は入れないし、先日使用した感じでも緩む様子は無かったのでこれだけで十分なのかもしれません。

超簡単なので、初めてでも15分もあればできちゃいますよ。

ネジやワッシャーは、家にあった適当なのを使ったので、出費は210円でした(笑)

作るときの注意点は、キャップ間の間隔と取り付ける高さです。
間隔については先に記したとおり、釣れるワカサギのサイズを考慮しなければなりません。
取り付ける高さはできるだけ高い位置が良いです。

キャップの取り付け位置が低いと、ワカサギが容器に多く入った時に邪魔になって外しにくくなったり、下のハリに容器内のワカサギがスレ掛かりしたりトラブルの原因になります。

私は2リットルのタッパーに取り付けましたが、平均サイズが10cm以上の西部のワカサギだと200尾を超えたあたりから邪魔になり始めました。
もっと高さがある大きい容器にするか、他の容器に入れ替えするなどの工夫が必要ですね。



おまけで、もう一つの小技を紹介しちゃいましょう!
これは、としけん隊長から聞いたのですが、サシを付けるのにピンセットを使う!です。

特別なことはせず、こんな感じで普通に使うだけです。
これで、エサと一緒に入ってる粉が手に付かなくなります!

気にしない方は関係ありませんが、私は自分のズボンが粉だらけになったり、釣り座が粉で汚れるのが嫌いなので凄〜〜く嬉しい小技でした。

また、サシに抵抗がある女性でもこれなら大丈夫のようです。
たまには奥さんも釣りに連れ出し、点数を稼がなければならない方にはお勧めですね(笑)



最後に、今回初めてGARMINの「OREGON450」をワカサギ釣りに使ってみました。
目標物のない湖面でも緯度経度が分かるので、次回の釣行時の参考になります。
でも、同じ場所で毎回釣れるとは限らないので、微妙なグッツでもありますね^^;

そうそう、このワカサギ外し器は自由にパクッもらってOKですが、一部の例外としてトレーラブルオーナーが使っているのを見つけた時は特許料を徴収させていただきます(爆)

コメント
簡単な構造でなおかつ効果的そうですね!
昨晩、この外し器の動画を見たんですが、サックにワカサギが当たると暴れて勝手に瞬時に外れていくのを見ました。
とてもスムーズでした。

naoさんのは右端のサックだけが僅かに上に位置してますが、なにかの目的のための工夫なんですか?
俺も片手外しなんですが、ワカを手の腹で軽く掴んで引っ張る方法だったので手は激汚れます(^_^;)

  • jyo
  • 2012/01/12 6:12 PM
なるほど・・・・・。
私はサシのだし汁優先なんで両手派ですが、手が汚れないというのはいいですねー。(顔は別として)

後で特許料を徴収されるのが嫌なんで、違う小技を教えます。
ピンセット先に、熱圧縮チューブを付けるとグリップが良くなります。
我々の場合はピンセットは二種類。
金属の先端に圧縮チューブ付けたサシ用と、左記の尖ったプラスチック物がリールのストッパーにラインを差し込む物。
手バネには後者はいらないでしょうけど・・・。
  • kei
  • 2012/01/12 7:18 PM
なるほど〜
片手外しでも自分は問題ないですが、手に鱗が付かないのはイイですね!
釣行後に手を洗って鱗を落としたつもりでも、シーズンが終わると車のハンドルによく付いてるので・・・

暇があったら作ってみようかな
特許料は手のモデル代と相殺という事で(笑)
  • としけん
  • 2012/01/12 8:07 PM
ちょうど同じものを頂いたところでタイムリーなお話でした♪
次回使ってみようと思ってます^^
>JYOさん
西部のワカサギサイズだと暴れただけでは外れませんよ〜

右側のサックが上に位置してる理由ですが、私は入れ物を自分の左側前に置くので、奥側のサックを上にすることにより自分に対して平行にサックを並べるためです!
ってのは後付けの理由で、本当はポンチを使わなかったので穴あけ時にドリルがずれただけでした(笑)
  • nao
  • 2012/01/12 9:00 PM
>keiさん
としけんさんや私がやってる片手外しでも手はほとんど汚れませんが、初めての人など慣れてない人にはサック方式をお勧めします。

ピンセット方式は。ASAさんが使ってるのをとしけんさんが見たと言ってました。
伸縮チューブで、サシをやさしく掴むんですね。
keiさん、特許料無料決定です(笑)
  • nao
  • 2012/01/12 9:05 PM
>としけんさん
としけんさんクラスの片手外し技術があれば、この外し器は必要ありませんよ。
逆に遅くなる場合があります。
なので、絶対にマネしない方が良いです。
本当に本当ですからね!(笑)
  • nao
  • 2012/01/12 9:07 PM
>こもさん
これを作ってからハタ坊さんのブログを見たら、クリップ式の移動できるタイプの外し器が紹介さてるじゃないですか!
しかも、私のよりも綺麗でカッコいい!
もっと早くに気づいて、ハタ坊さんのをパクれば良かったと思ったのは内緒です(笑)
  • nao
  • 2012/01/12 9:09 PM
私の作ったクリップ式の外し機には欠点がありまして、容器にセットすると
サックの部分が容器の淵と同じ高さになるんです。それで外しに
かかるとワカサギが苦しくて尻尾を容器の外に振るんです(笑)
外した瞬間容器の外にリリースしてしまいます。いまは改良版を使ってます。
それとコンクリートアンカーでも作れるんですね。私は4×40のネジを使って元部をナットで絞め先端部分にナットを2個で絞め会いサックを被せてます
  • ハタ坊
  • 2012/01/13 7:44 AM
>ハタ坊さん
自分で作ってから、ハタ坊さんのブログでクリップ式を見たのですが、これなら色んな容器に付けられていいな〜と感心してました。
クリップのバネの強さですが、容器に引っ掛かりがないと外す時にクリップごと外れそうですが、その変をどうやってるのか気になります。
改良品で釣行したら、ぜひともハタ坊さんのクリップ式を詳しくアップしてください!
  • nao
  • 2012/01/13 3:32 PM
ブログを拝見させて頂きました。
以前から動画などでよく見かけた鉛筆キャップ!
どのような構造かまではわかりませんでした。

ブログ拝見し、なるぼど!っと思い、早速ダソーに走りましたが、二軒ハシゴするもコンクリートアンカーがありませんでした。
なので直接タッパーに穴をキャップより少し小さい穴にして、キャップを差し込こみ、固定のボルトも無しですがしっかりしていたので、1号機完成にしました。
翌日ワカサギ釣りで使用すると、手返しが早いし、ウロコが付かないし、手が臭くないし、スゴイ重宝しております。
大変ありがとうございます。
  • DDM
  • 2013/03/25 5:00 AM
>DDMさん
はじめまして!
鉛筆キャップ、最初に考えた方って天才ですよね〜
私は、表裏から抑えなければ強度的に弱いと感じコンクリアンカーを使いましたが、DDMさん方式でも良いんですね。
どっかのブログでは、ボルトナットで固定してる方もいましたし、色々な方法があるようです。
2号機を作る予定があり、完成した際にはまた報告お願いします!
  • nao
  • 2013/03/25 10:45 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

access counter

total
today yesterday

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

recent comment

categories

selected entries

archives

links

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ サクラマス釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 山菜へ
           

bulog@yuuyuumaru bunner

since2009/10/15

本家HP「遊友丸と仲間たち」

profile

スマートフォン

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM